ネタバレ【竜とそばかすの姫】面白いところはどこ?良い評価だけまとめてみた

竜とそばかすの姫の後日談は?

2021年7月16日に公開された細田守監督「竜とそばかすの姫」
9月23日(金)21時から金曜ロードショーでテレビ初放送となりました!

一足早く、Amazonプライムビデオで8月3日から配信され、
「面白い」「感動した」「何回も見てしまう」と話題です!
ストーリーに疑問を残すという人もいましたが・・・

ネットの人が面白いと感じたところはどこなのでしょうか。
ポジティブな評価だけをまとめてみました!

『竜とそばかすの姫』非常に良い映画だった。ネットの他人の評価とか当てにせずに、ちゃんと自分で見て判断しないとダメだなー
@kimurayu_ri

目次

細田監督のメッセージ

今作ではネット世界の光と闇を暴き出していました。
ネットでの誹謗中傷問題で主人公が悩む場面もあれば、後半はネットを使って
子度たちを暴力から救い出します。

その描写を「インターネットは使い方次第で人を救えるツールになるのでは?」という細田監督からのメッセージだと感じた人も多いかもしれません。

ストーリーが面白い

竜とそばかすの姫見終わった〜〜〜は〜最高だな???ただ楽しい、面白いってだけじゃなかったのが良い。子供は最後ら辺いらないって思いそうだけどw 後半は結構刺さる人少ない感じのストーリー展開だから好き嫌い分かれると思うけど、私はめっちゃ好きでした!!!
@chie_kasane

竜とそばかすの姫 観ました。
面白い。心が熱くなる作品でした。
ストーリー設定がべらぼうに魅力的。
冴えない女子高生がモテモテの男子と幼なじみってだけで少女漫画の主人公なんよ。
仮想世界の設定もよい。母親が行った自己犠牲に気がつけたシーンは胸熱だった
97点
竜とそばかすの姫

@wagase

鈴のお母さんの自己犠牲は、鈴に深い闇を与えてしまいましたが、
終盤、その気持ちに気づいた鈴は救われたように感じました。

高知県の描写が綺麗

映画「竜とそばかすの姫」の舞台になった仁淀川ですね!この沈下橋もとても素晴らしいのですが、私は彼女たちが土電のチンチン電車で通う高知市内の鏡川のシーンばかり見ていました。パァーッと明るい南国の陽の光が降り注ぐ仁淀川とは対照的に、少し暗めの鏡川の描写にずっとずっと惹かれていました。
@LIBERTYPON2

とにかく高知県の山間や川の美しさがすごい!仁淀川、沈下橋、鏡川…行ってみたくなりました。
今の季節特にきれいかも。

色の使い方

https://twitter.com/dq10yusa/status/1555952055763623937

美容師の方は「ベルの髪型オーダーされたら…」なんて考えてしまってます。仕事熱心!

ペールとビビットとは
トーン(色調)の用語で、
明度と彩度によって分けられる色の系統のことです。
ペールトーン、ビビットトーン、パステルトーンなど9つ存在し、明度と彩度によって分けられます。

色を使うプロの人から見ると、このトーンの使い方が上手ということでした。

カラーサイト.comより引用

ベルやクリオネの色は「ペールトーン」で彩られ、
背景のUの世界は「ビビッドトーン」で彩色されているのかな?
少し専門的ですが、こんな見方も面白いですね!

素敵な絵ですね。光るクジラの描写は作中でとても感動的でした。

美女と野獣に似てる

細田監督が「美女と野獣が大好き」と公言している通り、オマージュとみられる箇所が多数存在しており、
どの部分が似ているのか比較しながら見てみるのも面白そうです。

竜とそばかすの姫みたーー!!
相変わらず映像綺麗すぎ、そして歌がとってもよかった。
美女と野獣大好きなので、雰囲気もよかった…
これは映画館で見たかったなーー。@Happydays_07

サマーウォーズにも似てる

竜とそばかすの姫、サマーウォーズと美女と野獣を足して2で割ったみたいな内容だったなぁ。@Saitamaisthe

2009年の細田監督作品「サマーウォーズ」似ているという声もたくさんありました。
サマーウォーズも仮想空間が舞台になります。

まだ未視聴の方はぜひ!

マクロスFにも似てる

竜とそばかすの姫を観てきました。良かった良かった。歌が超うめー。ネタバレにならない範囲で言うと、美女と野獣にマクロスFのシェリルが乱入してきた感じでした。バルキリー飛んでてもおかしくなかったw

竜とそばかすの姫 公式サイトより
マクロスF
マクロスF シェリル

ピンクのロングヘア、歌姫、確かに似てます!

中村佳穂が天才

とにかく主題歌「U」をはじめ劇中歌が素晴らしかったです。
ベル(鈴)を担当しているのは中村佳穂さん。
本職は声優ではなく、歌手です。

フジロックの中村佳穂が素晴らしすぎたのでずっと聴いているのだけどやっぱり音源よりもライブの人なんやなあと思った(音源も良い)。中村佳穂って言ってもあまり通じなくて、竜とそばかすの姫の主題歌(「U」)歌ってる人だよって言うと通じるの面白い。

まとめ

歌や映像美を楽しんだり、
過去作やオマージュ元の作品と比べるなど、いろいろな視点で楽しめる今作。

いろんな意見も見聞きつつ、自分なりの楽しみ方を見つけてください。

スポンサーリンク
竜とそばかすの姫の後日談は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次