幽遊白書【実写化】幽助は北村匠海、蔵馬は志尊淳に決定!飛影は本郷奏多、桑原は上杉柊平

Netflixで2023年に
今もなお絶大な支持を集めるマンガ家・冨樫義博の代表作『幽遊白書』が実写化されると発表された。

幽助役は北村匠海に決定。
そのビジュアルに注目が集まっています。そして気になる飛影役は誰が演じるのでしょうか?

目次

幽助役の北村匠海のプロフィール

北村匠海(キタムラ タクミ) アーティスト・俳優。
生年月日:1997年11月3日生まれ
出身:東京都
血液型:B型
職業:ダンスロックバンド・DISH//のメンバーで、ギターとボーカルを担当。

北村匠海の俳優としてのキャリアは?

歌手として活躍する北川匠海さんですが、
俳優としてもキャリアを積み重ねています。

・NHK大河ドラマ『平清盛』
・TBS系ドラマ『仰げば尊し』
・映画『あやしい彼女』『恋と嘘』などに出演。

2017年、映画『君の膵臓をたべたい』で主演を務めました。

蔵馬役は志尊淳

2022年7月17日、蔵馬役は志尊淳であることが発表されました。
ビジュアルはトレードマークであるロングヘアと赤髪、中性的で妖艶な雰囲気が漂う仕上がりになっています。

飛影役は本郷奏多が有力

飛影役には本田奏多が最有力候補になっています。
2020年の時点で、週刊誌の報道で

「幽助役に北村匠海」と制作会社関係者が話していたという記事があります。
その中で飛影役に本郷奏多があがっているとの声がありました。

以下ソースです。

「いまのところ幽助役に北村匠海、飛影役に本郷奏多の名前があがっている。飛影に関しては特に主要キャラの中でも女性人気が高く、誰が演じてもブーイングが起こりそうだけど(苦笑)。しかし、本郷は演技力に定評があるし、目元のどんよりした感じなんかは結構ハマってると思います」(制作会社関係者)

日刊サイゾー 2020/12/16 

7月18日追記 飛馬役は本田奏多

Netflixより

【追記】桑原和真役は上杉柊平

まとめ

他の情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次