【2022最新】スシロー炎上まとめ|今度はマグロ偽装も「悪いのは広報」株価は半値以下に

スシロー不祥事一覧最新版

2022年8月31日、デイリー新潮がスシローの「マグロ偽装」を報じています。
スシローには今年の6月に消費者庁が景品表示法違反(おとり広告)で再発防止を求める措置命令を出したばかりです。

目次

スシローの不祥事①:うに・かにキャンペーンが売り切れ

キャンペーン期間中にもかかわらず国内全店舗のうち98・1%の店で、看板商品の一つだった「濃厚うに包み」の販売を途中で中止していたことが9日、消費者庁への取材で分かった。

産経新聞

「濃厚うに包み」
「新物うに鮨し人流3種盛り」
「冬の味覚!豪華かにづくし」

の3商品が98.1パーセントの店で完していたのにも関わらず
テレビで「キャンペーン中」と大々的にコマーシャルをしていたことがおとり広告であるとして
消費社庁は4~17日間を、違反期間と認定しています。

このときのスシロー広報のコメントは、

スシロー

「厳しい指導を受けた。このようなことが2度と起きないようにする」

というものでした。

引用:NHK

スシローの不祥事②:開始時期を掲載しない生ビール半額キャンペーン

2022年7月、今度はまだ始まっていない生ビール半額キャンペーンの広告を店内に掲示。
それを見たお客さんがビールを注文したのに「キャンペーンはまだ始まっていない」と半額にならなかったという問題。

Twitter@eki_pi

31店舗でキャンペーン開催前に広告掲示があったと朝日新聞が伝えています。

スシローは後日返金対応という形をとりました。

スシローの不祥事③:こども3皿無料キャンペーンも販売休止

2022年6月から開始された「こども3皿無料キャンペーン」
こどもがあまり好むとはいえない光物ばかりだったとTwitterでつぶやく人がいました。

この「こども3皿無料キャンペーン」は6月15日~6月26日の間開催されたのですが、この期間にスシローに行ったお客さんから

あじ(ネギ・生姜)、赤えび、えびチーズ、えびバジルチーズ、甘えび、えび天にぎり、さらにえび天うどんが販売休止となっていた。(6月24日時点)

Shirabeeリサーチ

「人気メニューがホームページ上で販売休止となっていた」(6月24日時点)と報告があがっています。
販売休止となったのはこどもが喜んで食べそうなネタばかりですね。

えんがわ食べたかった

スシローの不祥事④:まぐろの種類を偽装

2022年8月31日、今度はマグロの種別を偽装と報じられています。

6月28日に放送されたフジテレビ系の「所JAPAN2時間SP」と、
7月26日に放送されたテレビ東京系の「うちむら見える化テレビ」。中略 
スシローは味が濃厚なメバチマグロのみを使用していることを強調していた。

回転ずし業界に詳しい関係者
「店舗で鉄火巻を食べてみたら味が薄いように感じました。そこでスシローにメールで問い合わせたところ、鉄火巻にはメバチマグロが使用されている、と答えてきました」

デイリー新潮

回転ずし業界に詳しい関係者はテレビを見て
「スシローはメバチマグロの他にもキハダマグロを使っていたはず」
と疑問に思い、スシローでマグロを食べてみたそうです。

テレビで強調しているメバチマグロと思えなかった。

納得がいかなかった業界関係者がマグロを持ち帰りDNA鑑定をしたところ、
メバチマグロではなく、原価がより安いキハダマグロであることが判明したそうです。

その後スシロー運営会社は

スシロー

『鉄火巻』には70%がキハダマグロ、30%がメバチマグロを使用していることが判明しました。

と回答を覆します。

マグロは全部、メバチマグロじゃなかったの?

メバチマグロとキハダマグロは種として違うことがDNAレベルではっきりしている。
種が違うわけですから、産地偽装とは比較にならないほど悪質です。

デイリー新潮


この報道がなされた後は、

スシロー

鉄火巻」などにつきましては、キハダマグロやメバチマグロ、商品によってはインドマグロ、本マグロなどをその時点の仕入の状況やメニューの構成により使用しております。

担当者が誤った認識のまま「鉄火巻」についてもメバチマグロのみを使用しているというご回答を差し上げてしまいました

 ・当該週刊誌の担当記者に対しては、この度の件についてお客さまへのご回答する内容を誤ってお伝えしてしまったものであること、一部テレビ番組でご紹介いただいた内容などを事前にご説明したにも関わらず、弊社の販売姿勢に対して「悪意」や「悪質」といった意図があったかの記事の内容となっていることは大変遺憾に存じます。


「広報が間違えたせいであり、週刊誌報道に対しては遺憾に思っている」とのコメントを出しています。

ただ問題はスシローの担当者が間違えて報告したところではなく、
「テレビで散々メバチマグロのみ使用していると伝えいているのに
鉄火巻には100%メバチマグロを使用しているわけではなかった」ところにある
のではないでしょうか?

問題はそこじゃないんじゃない?

不誠実な対応でスシローの株は半額に

スシロー運営会社の「FOOD&LIFE COMPANIES」は度重なる不祥事にここ1年で大きく株価を落としてしまいました。

2021年の高値は5480円だったのに、2022年8月31日の終値は2211円です。

半値以下…

実はわたしもここ半年でスシロー運営会社の株を全部手放しました><

スシローは美味しいのはは間違いないし、正直メバチマグロとキハダマグロの違いなんてわからないけど、
あまりにも企業体質が悪い気がして株を持つ気になれなかったです…

まとめ

誠実とは言えない対応で消費者の不信を買ってしまっているスシロー。

味はおいしいのにとても残念です。

スポンサーリンク
スシロー不祥事一覧最新版

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次