りゅうちぇる離婚理由はゲイだから?恋愛したいわけじゃない、婚姻解消本当の理由

りゅうちぇる&ぺこ離婚の本当の理由

りゅうちぇるさんとペコことオクヒラテツコさんが離婚を発表しました。
今後は二人の子供とともに「新しい家族の形」として3人で同居を続けるそうです。

目次

りゅうちぇるインスタコメント全文と要約

りゅうちぇる離婚発表:インスタコメント全文

いつも応援してくださっている皆さまへ。

僕たちの家族についてお伝えしたいことがあります。

8年前にてこと出逢い、僕はてこを好きになりました。
女性を好きになることは、僕の人生の中で、初めての事でした。

てこはそんな僕に自信をくれて、男としての幸せを教えてくれました。
お付き合いしていく中で、こんなにも楽しくて、お互いを高め合えて、辛い時も乗り越えられる。
そんな関係性を、そんな愛を、自分が女性と築けるとは思ってもいませんでした。

一生一緒に居たいと思えたからこそ結婚して
夫婦になる道を選択し
そしてその愛が形になり、最愛の息子も生まれました。

かけがえのない息子の父親であること。
信頼できるてこの夫であること。
ryuchellという芸能人であること。
そんなこの上ない幸せな日々を守るために、自分を隠してでも、そう生きていくと心に決めていました。

そんな中、メディアで自分のこれまでの生き方や、”夫”としての生き方についてお話しさせていただく機会が増えていく中で、”本当の自分”と、”本当の自分を隠すryuchell”との間に、少しずつ溝ができてしまいました。

これまで皆さまに多様な生き方を呼びかけてきた僕なのに、
実は僕自身は、”夫”らしく生きていかないといけないと自分に対して強く思ってしまっていました。
“夫”であることは正真正銘の”男”でないといけないと。
父親であることは心の底から誇りに思えるのに、自分で自分を縛りつけてしまっていたせいで、”夫”であることには、つらさを感じてしまうようになりました。

もちろん自分が覚悟して決めた道なのだから、
どんなにつらくても、愛する家族のために自分の本当の気持ちを押しころす事が愛だと、強く強く思う反面、
誰にも、そしててこにさえ、本当の自分のことを言えずにいる苦しさを、毎日1人で抱え込んでしまいました。こんなに愛する家族がいるのに、生きていくことさえ辛いと思ってしまう瞬間もありました。

このままでは自分が本当にダメになって
一番守りたい家族のことも守れなくなってしまうと感じ、
これまでの事、今の思いを、てこに全て打ち明けました。

打ち明ける事は本当に怖かったし、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
てこに何と言われるかも想像が出来ませんでした。

だけどてこは、「今まで辛かったね」と泣いて抱きしめてくれました。
その深い愛に涙が溢れて、僕が思っていた以上に、僕がどんな人間であれ、てこは僕という存在を理解し、大切に思ってくれました。
僕自身”夫婦”という形を覚悟して選び、そしててこも覚悟して、僕に人生を捧げる道を選んでくれたのに、
僕の弱さのせいで、夫として、男として、てこを守ることが出来なかったこと。
どれだけ伝えても足りないほど、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、

家族として、パパとしては、
何があってもこの幸せは守りたいと強く思いました。

それから2人で今後についてよく話し合い、これからは”夫”と”妻”ではなく、人生のパートナー、そしてかけがえのない息子の親として、家族で人生を過ごしていこうね。という形になりました。
もちろん、今まで通り家族で暮らします

まずここまで読んでくださった皆さん、きっと驚かせてしまったと思います。

今お話しさせてもらった通り僕には隠していた部分がありました。
その僕を信じて応援してくださっていた方、本当に申し訳ありません。

また、関係者の皆さまには、比嘉企画の代表取締役として多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

そして、最後に信じて欲しいというのはおこがましいですが伝えたいことは、今までメディアに出させていただいた中で発してきた、生き方への考え、そして、てこへの愛の言葉には、嘘はなにひとつありませんでした。

これからは、今こうして皆さまに打ち明けられた事によって、僕自身が認めてあげられた本当の自分で、新しい形の家族を愛していきたいです。
そしてryuchellとしても皆さまに応援していただけるような存在であれるように、
これからは本当の自分を大切に頑張ります。

りゅうちぇる離婚発表:インスタコメントの要約

要約
・8年前にペコと出会い、初めて女性を好きになった
・一生一緒に居たいと思えたからこそ結婚して息子が生まれた
・夫としてメディアに出演しているうちに「本当の自分」と「芸能人ryuchell」との間に溝が生まれた
・「父親」には誇りを持てるのに「夫」としては男らしくいないといけないと思い込んでしまって辛くなった
「夫」や「男」には辛さを覚えるけど「家族」や「パパ」の幸せは守りたい
・これからも今まで通り家族として暮らす

ペコインスタコメント全文と要約

ペコ離婚発表:インスタコメント全文

いつも応援してくださっているみなさまへ

みなさまに、お伝えしたいことがあります。
りゅうちぇるの方からもお伝えさせていただいていただいているので、りゅうちぇるからの言葉を読んでいただけると幸いなのですが、
りゅうちぇるとは ”夫” と ”妻”、いわゆる夫婦というかたちではなく、これからは人生のパートナーとして家族として、愛する息子の父親母親として、新しい家族のかたちで過ごしていくことになりました。

まずりゅうちぇるには、出会ってくれて、好きになってくれて、ましてやはじめて女性を好きになってくれたのがわたしだなんて、りゅうちぇるもえらいこっちゃやなぁと思うほど笑、そして結婚してくれて、かけがえのない宝物 息子と出会わせてくれて、ほんとうに感謝してもしきれません。

わたしにとってりゅうちぇるは、誰が何と言おうと最高の彼氏だったし、最高の旦那さんだったし、息子の最高のパパだし、そして兄妹のようなともだちのような、時にはお母さんのようなそんな存在だけど、わたしは何よりもまず、りゅうちぇるという人間そのものがだいすきです。

もちろんわたしは人生すべてをかけてりゅうちぇると結婚したし、一生こうしていけると本気で思えたからこそ、息子にも出会えました。
だから正直、墓場まで持っていってほしかったと一瞬たりとも思ったことはないと言えば嘘になります。
だけどそれ以上に、もしほんとうにりゅうちぇるがこの先何十年、おじいちゃんになるまでひとりで抱え込み続けていたらと思うとほんとうに怖いし、こうして今 生きて、勇気を振り絞ってわたしに打ち明けてくれたことに、ありがとうの気持ちでいっぱいなのです。
打ち明けてくれた瞬間、ひどいとか、最低とか、だましてたの?とか、ほんとうにそんなことは思わなくて、それはりゅうちぇるがほんとうにたくさんの本物の愛をくれたからだと思います。

そんなりゅうちぇるだからこそ、これからも人生のパートナーとして家族として、いっしょにいたいと思えるし、これからも今まで通り3人で暮らしていきます。もちろん、新しく家族になってくれたアリソンも。
いわゆる ”普通の家族” ではないかもしれないけれど、受け入れ難いかたちなのかもしれないけれど、だけどわたしは息子に胸をはって、りゅうちぇるはすてきなパパだよと伝えられる自信があります。

夫婦って、家族って、ほんとうにいろんなことがあると思う。
きっと誰にも言えないことを抱えて生きている人だって、想像してる以上にたくさんいる。ていうか、ほとんどがそうなんじゃないかなぁとさえ思う。(ちなみにわたしは… 今みなさんにお伝えさせてもらって、今のところない。笑)
そんなこと結局その人、その人たちにしかわからないし、どの道を選んだとしても誰かのことは傷つけてしまうんだと思う。
前を向くことってほんとうに簡単なことじゃないって、27年間生きてきてようやく知ったけれど、だけどどうにかこうにか、どうにかこうにか前を向いて進める道を探してほしいとわたしは思います。
みーんな弱いし、みーんな強い!

何が言いたいかわからなくなってしまってるけど、とにかく、これからもわたしたちは前を向いて変わらずゲラゲラ笑って、時には喧嘩もして、たのしい家族でいたいと思うし、何よりかわいいかわいいかけがえのない息子の成長とともに、りゅうちぇるもわたしも、成長していきたいと思っています

これからはわたしたちのことを呼んでくださるときはぜひ、比嘉ファミリーとか、比嘉家とか、ぺこ&りゅうちぇるファミリーとか?笑
そんなふうに呼んでもらえたらうれしいです 🙂
ちなみにこれからも、変わらず比嘉企画に所属して、のんびりお仕事させていただけたらと思っています!

いつもわたしたちのことをだいすきだと応援してくださっているみなさんを驚かせてしまって、ほんとうにごめんなさい。
これからは新しいかたちの家族となったわたしたちのことを、ぜひ、温かく見守っていただけたらうれしいです!
これからもryuchellを、pecoを、よろしくお願いいたします

peco

ペコ離婚発表:インスタコメントの要約

・これからは「夫と妻」ではなく、「人生のパートナー」「父親・母親」として過ごしていく。
・正直、墓場まで持っていってほしかった。
・ひどい、騙してたの?ということは思わない

ペコりゅうちぇるの離婚理由

インスタのコメントを読むと、
りゅうちぇるさんの方が「夫」としての役割に「男であること」を感じて辛くなったことが原因のようです。

父親という役割は受け入れられるためこれからも父親は続けていくけど
夫は無理だという結論になったのでしょうか。

ぺこさんがりゅうちぇるさんの主張を受け止め、婚姻関係は解消するけど新しい家族の形で今後も3人で暮らしていくことを飲んだようです。

りゅうちぇるさんのコメントにあるように、
ペコさんはりゅうちぇるさんにとって「初めて好きになった女性」ということで、
りゅうちぇるさんは本当はゲイ(同性愛者)だったというように受け止められます。

インタビューでペコさんは「りゅうちぇるは男性が好きだと思っていた」と答えているものがありましたが、それは当たっていたのかもしれません。

世間の声

新しく恋愛がしたいだけでは?

りゅうちぇる、その選択には「本当の自分で新しく恋愛がしたい」が少なからず含まれているんだろうけど、ぺこちゃんは恋愛なんてする暇もないよ。男であるおかげでその選択ができたの皮肉だねぇ

ぺこちゃんがかわいそう

ぺこちゃんはもう全ての人生を託して「妻」「母親」になってしまったから「受け入れる」「理解する」という選択肢しか与えられなかったの辛すぎる… 当の本人は自由に生きていけるようになって辛さから解放なんて それなのに子供の為に一緒に暮らしていきたいって残酷すぎる りゅうちぇる…

りゅうちぇるとペコの離婚:結局どういうこと?

性的思考と性自認の違い

性的思考と性自認は似ているようで少し違います。

○性的指向・・・人の恋愛・性愛がどういう対象に向かうのかを示す概念を言います。具体的には、恋愛・性愛の対象が異性に向かう異性愛同性に向かう同性愛、男女両方に向かう両性愛を指します。

○性自認・・・ 性自認(性同一性)とは、自分の性をどのように認識しているのか、どのような性のアイデンティティ(性同一性)を自分の感覚として持っているかを示す概念です。「こころの性」と呼ばれることもあります。

法務省

性的思考は自分の恋愛がどういう対象に向かうのかということ。
性自認は、自分の性をどのように認識しているかということ。

自分の恋愛対象がどちらに向かうのかということと
自分の性がどちらだと認識しているのかということは少し違う概念のようです。

今回の離婚理由は性的思考の問題もあったけれど、どちらかというと性自認の問題だったのではないかなと思います。

りゅうちぇるがゲイだからというわけではない

今回の離婚について「りゅうちぇるが新しく恋愛をしたいからでは?じゃないと婚姻解消はしない」という声もありますが、
わたしは違うと思います。
りゅうちぇるさんのインスタコメントを読むと、
「男としての役割」を押し付けられ自分の性の認識と世間の目が違っていることにとてもプレッシャーを感じてきた
ということを言っているように思うのです。

もちろん「初めて女性を好きになった」と言っているので性的思考もそちら側なのかもしれませんが、ぺこさんへの愛がなくなったようには思いませんでした。

結婚したことで「男としての役割」を押し付けられプレッシャーや世間からの目線に耐え切れなくなった結果、
婚姻関係だけ解消することで自分に押し付けられた役割から解放されたということなのではないでしょうか。

やっぱり無理をしていたりゅうちぇる

まとめ

「新しい家族のかたち」として婚姻関係は解消しつつも、
3人で暮らしていくことを決めたりゅうちぇるさんとペコさん。

とてもたくさん話し合って決めた形だと思うので外からあれこれ言っても仕方ないですよね。

ふたりの新しい形をこれからも作り上げていってほしいなと思います。

スポンサーリンク
りゅうちぇる&ぺこ離婚の本当の理由

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次