「ミャクミャク様」愛称決定して崇められる!海外の反応は?由来や選考理由も紹介

大阪万博ミャクミャク、愛称決定で崇められる

2025年に開催される大阪万博の公式キャラクターの名前が「ミャクミャク」に決定しました。
いのちの輝きくんとして知られていたこのキャラクターに
「ミャクミャク」と名前がついたことで、ネットでは「ミャクミャク様」と恐れをなす人が続出。

「一気に畏怖の対象になった」「土着神様」「『洒落怖』にでてきそうだ」と盛り上がっています。

「はあ……いのちのかがやきくん……?そんなもん知りゃあしませんが……ただウチの村では……『ミャクミャク様』と……呼ばれておりますがな……」

こわいデザインだったのを「いのちのかがやきくん」と親しみやすい名前をつけて慣れ親しんで威力を減して封印していたのに「ミャクミャク様」と再び畏怖の対象に戻した感じはある。解き放たれてしまった

目次

ミャクミャク様のデザイナーは?

山下浩平(やましたこうへい)

1971年生まれ
兵庫県立明石高校美術科卒/大阪芸術大美術学科卒
マウンテンマウンテン代表
熊本生まれ 神戸育ち
グラフィックデザインを軸にキャラクターなどさまざまなデザイン制作を行う。
絵本も多数。日本グラフィックデザイン協会会員。

山下浩平さんは、絵本を多数出版されています。

¥1,485 (2022/07/19 15:12時点 | Amazon調べ)

虫の絵が多いみたい。

デザインは公募により決定

2022年3月22日に決定した「大阪・関西万博 公式キャラクターデザイン」の、
募集からキャラクターデザイン決定までの経過をまとめた記録映像が公開されていました。

Youtube@
Expo2025 大阪・関西万博

「現在はメディアが多様なので、今まで見たことないようなキャラクターの挙動や活用方法が模索されていく、そこが期待されるところ」と選考委員の方が話しており、
もうすでにTwitterでトレンド入りしているミャクミャク様は期待値をはるかに超えて愛されるキャラになっていくのではないでしょうか。

EXPO2025

デザインコンセプト

細胞と水がひとつになったことで生まれた、ふしぎな生き物。その正体は不明。

赤い部分は「細胞」で、分かれたり、増えたりする。

青い部分は「清い水」で、流れる様に形を変えることができる。

なりたい自分を探して、いろんな形に姿を変えているようで、人間をまねた姿が、今の姿。

但し、姿を変えすぎて、元の形を忘れてしまうことがある。

外に出て、太陽の光をあびることが元気の源。雨の日も大好きで、雨を体に取り込むことが出来る。

開幕前から自分のことを皆さんに知ってもらい、2025年に開催される大阪・関西万博で多くの人に会えることを夢見ています

愛称も公募による決定

「ミャクミャク」という愛称は公募により決定しました。

独特で素敵なネーミングセンスの持ち主は、
川勝未悠さんと作田陽向さん。

同一愛称での応募だったとのことです。

■最優秀作品  ミャクミャク(英:MYAKU-MYAKU)
※日本語表記はカタカナのみとなります。

愛称のコンセプト


川勝未悠(かわかつみゆう)さん

 今まで「脈々」と受け継がれてきた私たち人間のDNA、
 知恵と技術、歴史や文化。変幻自在なキャラクターは
 更にあらゆる可能性をその身に宿して、私たち人間の
 素晴らしさをこれからも「脈々」と未来に受け継いで
 いってくれるはず。
 そんな希望を込めて「脈々=ミャクミャク」と名付けました。
 またミャク=脈であり、生命そのもの。
 ミャクミャクという2音が続く様は、
 命が続いている音にも聞こえます。

作田陽向(さくだ ひなた)さん

初めてキャラクターを見たとき、赤色と青色が動脈と
 静脈を連想させたため。また、万博のテーマである、
 人類文明のつながりや、国際的なつながりを、
 「脈」という言葉で表せられると思ったため。

もともといのちの輝きくんという名前だったので、脈うつという発想からミャクミャクとなったんですね!
名前の由来がコンセプトにマッチして素晴らしいです。

選考理由

愛称選考委員会の座長は仲畑貴志さん。

愛称とは、親しみを込めて呼ぶ本名以外の名前ということですから、親しみやすく覚えやすいことが第一です。そして、大阪・関西万博ならではの独自性や意味も大切。さらに、国際性も持たせたい。

歌手のaikoさんも選考委員に名を連ねていました。

もはや友達のような気持ちです。
大阪・関西万博を通じて多くの人が笑顔になりますように。
おもしろい日々を素晴らしい未来をみんなでゲラゲラ笑いながら迎えたいです。

もし「いのちの輝きくん」だったら

海外に向けても発信するものなので、いのちの輝きくんのままだったら「Mr. Brightness of life」
あの見た目なのになんだかミスマッチな名前になってしまっているかも!?

より「MYAKU‐MYAKU」のほうが怖い感じが伝わると思いますが、海外の方の反応、どうなんでしょう。

海外の反応

かわいらしい!

ミャクミャクのファンになっちゃったかも!笑

ミャクミャクグッズ買うのが待ちきれない!

なんだか好評!?笑

ミャクミャクに出会った時の子供たちの反応を見たい。

泣いちゃうかもね…

ミャクミャク様アレンジ集

おどろおどろしいミャクミャク様…!ゴジラかウルトラマンにでてきそうです。これは怖い。

さきほどとうって変わってポップなミャクミャク様。かわいい~!

ミャクミャク様、ゆるキャラ化!こんな姿もかわいい。あの恐ろし気な姿がまさかこんなにゆるくなるとは。
想像力豊かでうらやましい。

これはエヴァンゲリオンの使途みたいですね!

「エヴァの第19使途」と海外の方も同様の反応してますね。

まとめ

愛称が「ミャクミャク」に決まったことで、俄然盛り上がってきましたね!
アレンジが楽しいです、いろんな解釈ができるんですね。

2025年までにいろんなミャクミャク様が見られそうです。楽しみです。

スポンサーリンク
大阪万博ミャクミャク、愛称決定で崇められる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次