高松商業浅野翔吾|今後の進路はプロ!スカウトからの評価は?行くべき球団予想!

高松商業浅野翔吾プロ入り希望

夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)も6日目を迎えました。
香川県・高松商業高校の浅野翔吾選手は今年のドラフト候補と注目されている選手の1人です。

今日は浅野翔吾選手
高校卒業後の気になる進路、プロからの評価、憧れの球団や選手行くべき球団をまとめてみました!

https://twitter.com/vMEn0R1RUgzR7We/status/1557582166053494785
目次

浅野翔吾プロフィール

生年月日:2004年11月24日
身長:171cm
体重:86kg
ポジション:本職は外野(全ポジション守れるらしい)
利き腕:右投げ、両打(2年時オフから。球速の出ない右腕か右下手投げの際に「左打席」を考える)
50メートル走:5.9秒
遠投:110メートル
野球を始めた年齢:8歳

小学校3年生の時から野球を始めた浅野選手。

中学校の時からホームランを量産していた浅野選手は、高校進学時たくさんの強豪校からスカウトされていたそうですが、
地元の公立高校である高松商業を選んでいます。

高校通算66号

8月11日の佐久長聖戦で高校通算65号と66号をたたき出しました。
これで清原和博氏がPL学園時代に記録した高校通算64本塁打を抜きました。

まだまだこの記録は伸びそうですね!

浅野翔吾今後の進路:プロ入り希望

「多少打てるくらいで満足せずに、一流のプロ野球選手になることを目指して、もっと練習していきたい」

卒業後の進路はプロと決めているそうです。
今大会で注目を集めており、よほどのことがない限りプロ志望届を出すのではないかと予想されます。

浅野翔吾をスカウト視察にきた球団

阪神渡辺スカウト:「勝負を避けられても、仕留める確率が上がっている」
「140キロ後半の球にも反応できていて、(減量も)打撃に影響はなさそう」

ヤクルト橿渕スカウト:
「期待通りの結果を出す。スター性がある。積極性やプレースタイルは中日平田が出てきた時と似ている」と評価。

巨人水野スカウト部長:
 「すばらしい。振りがよく遠くに飛ばせる。順調に成長していて、高校の中でも上の選手」
 「プロでどこまでやるのか見てみたい」

DeNA吉見祐治スカウト:
「打つべき球を選んで打っている感じがする。軸足で粘っているイメージかな。大人になった印象」
「守備範囲も広いしアスリート型は魅力。たぶん日本一運動神経良さそう」

中日松永幸男スカウト部長:
「スピードがあり、肩が強く、振る力があり、身体能力が高い。身長が気にならないだけの能力を持っています。1年生の頃は、少し動きが硬いかなと思いましたが、その硬さもとれてきていると感じます」
中日野本圭スカウト「高校1年生の時から注目している。今までで一番いい形で打てていた。逆方向への長打も見てきたが、なかなか甲子園の右中間深くまで打てるものじゃない」

ロッテ榎康弘スカウト部長:
「キャプテンシーがあって、チームを勝たせようという姿は評価できる。ウチの井口監督みたいに、引きつけて打てる選手」

西武渡辺久信GM:
「野球観を持っているし、雰囲気がある。スキを突いての進塁などは、常に集中していないと思い切ってできない」

オリックス乾スカウト:
「振る力、脚力がある。高校生離れした力」
と、ロッテ・佐々木朗からヒットを放った高卒ルーキー・池田陵真の名前を挙げて期待。

ソフトバンク永井執行役員兼スカウト部長:
 「木製バットでも通用するスイングスピード。上位候補だと思う」

楽天山田スカウト:
 「天性の遠くに飛ばす能力を持っている。加えて体の強さと柔らかさも兼ね備えている」

日本ハム加藤スカウト:
 「一発で仕留める力がある」

浅野翔吾の高校監督評

高松商業・長尾監督「もう教えることはない。上のレベルで教わってください」と話しています。
浅野くんもプロ入りしたという話を監督としているのでしょうか。

浅野翔吾はどこのファン?

どこのファンかは明らかになっていませんが、
あこがれの選手は福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也選手だそうです。

ポジションが違うのにどうして?と思ったのですが、
浅野選手は捕手も投手も遊撃手も全ポジション守れるという話です。
甲斐選手は強肩で盗塁阻止率はリーグナンバーワン。

アピールポイントは強肩、強打、強気の走塁

と話しているので、強肩の甲斐選手に憧れているんですね。

また、浅野省吾選手は171cmと野球選手としては小柄。
甲斐拓也捕手も170cmと小柄なため、親近感を持っていることもあるかもしれません。

浅野翔吾選手をドラフト1位で欲しそうな球団は?

西武:右打ち1番強打者として

西武:名前が西武っぽい

秋山翔吾選手のイメージがあるので、「浅野翔吾の名前は西武っぽい」と噂です。

ホークス:松田・内川の後継者として

ホークスはここ数年、右打ちの野手が補強面の課題となっている。2019年は佐藤直(JR西日本)、20年は井上(埼玉・花咲徳栄)をドラフト1位、昨年も同2位で正木(慶大)、同4位で野村勇(NTT西日本)と3年連続で右打者を指名した。

西日本スポーツ

永井智浩・球団統括本部編成育成本部長兼スカウト部部長
「浅野君の打席に、甲子園全体が引きつけられた。そういうエンターテインメント性も、プロとしては重要」2022年8月16日

ホークスは近年ドラフトで右打ちの野手を指名する傾向にあります。
去年のドラフト4位で獲得した野村勇選手の活躍もあり、即戦力としても、長期的な視点でも育成するのに十分な環境がそろっているため、浅野翔吾選手にとってもいい環境なのではないでしょうか。

阪神:阪神ファンが熱望

「プロでも甲子園で歓声を浴びながらプレーしてみたい」と浅野翔吾選手が言ったというようなスレッドが立っていましたが、こちらでソースを見つけられませんでした。

ただ、Twitterでは阪神ファンが浅野翔吾選手の阪神入りを強く希望しています。

逆に浅野翔吾を指名しない球団は?

巨人:補強ポイントが違う

過去5年のドライチはいずれも投手、それもほとんどが即戦力投手で、昨秋も1位の大勢から上位3位までを指名しています。
今年も投手&捕手も補強ポイントで、
野手の浅野翔吾選手の優先度は低そうです。

横浜:秋山翔吾を取りにいかなかった

右の中長距離砲で外野を守れる1番タイプの秋山翔吾を取りにいかなかった事実と、
補強ポイントとは違うという指摘があります。

※今年のドラフト候補一覧

引用:西日本スポーツ

まとめ

高松商業の浅野省吾選手のプロフィールや、今後の進路の希望、プロからの評価、憧れの選手をまとめてみました。
もうプロ入りを決めているという話ですが、
ドラフトでは競合しそうですね。

ドラフトも楽しみですが、
ホームランの記録も今後どこまで伸ばしていけるか楽しみです。

甲子園での活躍を期待しています!



スポンサーリンク
高松商業浅野翔吾プロ入り希望

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次